住まいの質は、暮らしの質を高めてくれる、私たちはそう考えています。
誰もが願う家族の健康も、また住まいの性能や質に深く関係しているんです。
スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、そして計画換気システムが創りだす、高気密・高断熱・高耐震構造の住まい。
快適・健康・省エネ・安心という暮らしの性能を追求し、暮らしの質を高め、その違いを実感していただける工法です。

冬場のリビングはエアコンで快適な室内温度。
しかし廊下やトイレは寒く感じるのではないでしょうか。
この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけでなく、家族の健康にも影響を及ぼしかねません。そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密性・断熱性能を高めることが大切なんです。気密・断熱性能が高い住まいは、冬の就寝前に暖房を止めても室温が下がりにくいので翌朝もさほど寒さを感じない暖かさをキープ。
またエアコンの設定温度と体感温度の差が少なく、夏も冬も心地よく快適にすごせます。

こんな体験ありませんか?
冬にエアコンを24℃に設定しているのになぜか少し肌寒い。
実は断熱性能の低い家ではこの時の体感は20℃程度と言われています。
この4℃の違いはセーター一枚分の暖かさに相当するんです。
一枚多く着ないと寒いということなんです。

大切な家族の健康を害する、カビ・ダニの発生は室内空気のよどみに原因のひとつと言われています。
スーパーウォールの家は、高い気密性によって隙間を少なくすることで、まずホコリや花粉の侵入を大幅にカット。
また、換気システムにより空気の流れにムラがなく、カビやダニの発生も抑えます。
PM2.5や大気汚染などにも高い効果を発揮します。

壁・床・天井が一体化した箱型を構成するモノコック構造。
航空機や自動車のボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変型しにくいのが特徴。
また、制震装置を部分的に配置する制震住宅とは異なり、建物の構造パネルに制震機能が加わることで、建物の一部に負荷がかかることなく、家全体で揺れを抑え、大きな地震に対しても強さを発揮します。

末永く快適に暮らしたい、その天敵は「湿度」。
スーパーウォールは湿気による壁内部への結露を発生を抑えることで、建物を守ります。


気にならないようで実は以外と気になるのが騒音。
外からの騒音はもちろん、室内での遮音にもすぐれています。