ガラパゴス工房の建てる家は、長期優良住宅対応住宅となっております。
耐震、断熱、省エネ性能などを高めて、ずっと快適で、ずっと安心できる家づくりにこだわっています。
住宅ローンを払い終わって子どもや孫、あるいは第三者にも受け継がれていくような「資産価値の高い」住まいを提案したいと考えています。
※長期優良住宅を取得するには、別途、申請料が必要です。

極めて稀(数百年に一度)に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対して、倒壊しないこと。

必要な断熱性能などの省エネ性能が確保されていること。省エネルギー判断基準(平成11年相当)に適合すること。

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上 に配慮されたものであること。

数世代(少なくとも100年程度)にわたり住宅の構造躯体(こうぞうくたい)が使用できること。木造住宅は、床下や小屋裏の点検口を設置すること。また、点検のため、床下空間に一定の高さを確保すること。

良好な居住水準を確保するために必要な規模があること。戸建て住宅の場合、75㎡以上(少なくとも1つの階は40㎡以上【階段部分を除く】)

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装や、給排水管などの設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行えること。